白髪染めはどうして染まるのか?

わたしたち、日本人の髪は多少茶色い人がいたとしても基本的には黒髪ですよね。

日本人と言えば、きれいな黒髪をイメージする外国人も多くいるのではないかと思います。

髪の毛の色というのは実はもともとは色がありません。

メラニン色素によって、黒髪となっています。

このメラニン色素は加齢とともに生成されにくくなるため、髪の色を染める元がなくなり白髪になっていきます。

そう考えると、白髪というのは色が抜けていると言う様なイメージになりますね。

白髪は老けて見えるとか、黒髪に混ざって汚らしく見えるなどから、日本では白髪染めをする人が多くいます。

ある程度の年齢になったら、白髪だけにしてしまおうかと思う人もいる様ですが、元の色が黒髪だけに、日本人が白髪になると、かなり年齢が言っている様な印象になりますので、白髪にはしたくないと思う人が多くいる様です。

そんな時に白髪を隠すことができるのが白髪染めです。

では、白髪染めでどうして髪が染まるのかといえば、それは簡単にいえば、髪の内部にメラニン色素の変わりの染料を浸透させるからです。

色素のない白髪は染料が浸透することでしっかり髪を違う色に染めることができます。

もちろん、どんな染料でも浸透するというのではなく、白髪染めの薬剤には、髪の表面を覆っているキューティクルを剥がして、染料を浸透させます。

染料を浸透させて白髪を染める白髪染めは比較的染まりやすいもので、その他には髪の表面に染料を付けるタイプのものもあります。

お役立ち情報サイト⇒おすすめの白髪染め完全ガイド