髪の内部に浸透して染める白髪染め

白髪染めをするには幾つかの方法がありますが、最も一般的で、最も染まりやすい白髪染めについてその仕組みを紹介しています。

白髪染めで最も染まりやすいのはヘアカラーで、髪の色を脱色させ、染料を浸透させて髪をしっかり染めるタイプです。

ヘアカラータイプの白髪染めは、一剤と二剤があります。

一剤は酸化染料とアルカリ剤が配合されているものです。

一剤のアルカリ剤はアンモニアやモノエタノールアミンなどが成分で髪の表面を守っているキューティクルを開く役割があります。

酸化染料は白髪を染める色の元になるもので、パラフェニレンシアミンなどが使用されています。

二剤は、酸化剤です。

酸化剤とは過酸化水素水でできていて、一剤のアンモニアで分解されて、酸素が作り出され、一剤の酸化染料と結合して、発色を良くする働きがあります。

ヘアカラーはこの一剤と二剤を混ぜて、その混合液は乾いた髪に塗布していきます。

混合剤を塗布すると、まずは髪の表面を守っているキューティクルが開かれます。

ここでキューティクルが開かれないと、混合液の染料は中に浸透することができず、髪を染めることができません。

髪の内部に染料が浸透すると、酸素は髪の中に残っているメラニン色素を脱色して、酸化染料を発色させます。

髪の内部に浸透した染料は、内部で結合をして大きな分子になることで、髪の外にはもう出て来れなくなります。

髪のキューティクルは閉じられて、白髪染めは完了となります。