髪の表面に染料を付ける白髪染め

白髪染めをするとなると一般的な方法はヘアカラーの白髪染めなのですが、もう一つ方法があって、髪の内部に浸透させるのではなく、髪の表面に染料を付ける白髪染めです。

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントなどです。

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントというのは、ヘアカラーとは全く異なる仕組みで髪を染めます。

キューティクルを開けたり、脱色をすることなく、髪の表面を染料でコーティングすると言う様な仕組みです。

ヘアカラーと比べると手軽に髪を染められること、頭皮や髪にダメージを与えないことなどが特徴です。

ただし、表面に色を付けるだけなので、色持ちは悪く、洗髪の度に色は薄くなっていきます。

白髪の場合は色によっては光っている様に見えたり、元の髪の色との差がでて、目立ったままになることもあります。

ヘアカラートリートメントは、ヘアマニキュアと仕組み的には同じなのですが、使用方法が異なり、毎日のシャンプーの際に使用することができます。

ヘアマニキュアの場合は、一回分の薬剤を使って、染めますが、ヘアカラートリートメントの場合は、普通のトリートメントの様に塗布して、自分の好みの色になるまで毎日使い続けたり、色が落ち着いたら使用を止めたりと、日々調整して、連続で使用することができます。

髪の表面に染料を付ける白髪染めには、ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントがあり、髪や頭皮に優しく染められますが、ヘアカラーに比べて色持ちが悪いです。