ちょこっと白髪染めをしたい場合

白髪染めをすれば、気になる白髪はきれいに染まりますが、白髪は当然ながら日々伸びていきます。

髪全体が白髪であるのであれば、白髪染めをきちんとしようと諦めがつきますが、髪の内側が白髪だったり、ちょこっと白髪がある程度だと、わざわざ白髪染めをするのは面倒だとか、勿体ないなと思ったりすると思います。

参考ページ:見た目年齢を左右する「白髪」との上手な付き合い方【URL:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20140828/Kamimado_000361.html

そんなちょこっと伸びている白髪をどうすればいいかといえば、ヘアカラーよりも、そしてヘアマニキュアやヘアカラートリートメントよりも手軽に面倒なく一時的に色を付けると言う方法があります。

カラースプレー、カラーマスカラ、カラースティック、カラークレヨンなどが、その一時的に髪に色を付けられるもので、白髪の部分に付けるだけでOKです。

急に出掛けなくてはいけないのに髪を染めている時間がないとき、ヘアカラーをするまでの繋ぎ、旅先などで時間のないときなどに便利です。

スプレーは白髪の部分に掛ける、マスカラは睫毛に付けるのと同じ要領で、スティックやクレヨンは白髪にあてて擦る様に付けます。

一瞬で髪の色を付けられるので、最も便利な白髪染めと言えるでしょう。

当然のことですが、一時的なカラーなので、シャンプーをすれば落ちてしまいます。

また、雨や汗でも落ちやすくなるので、生え際などに塗った場合は注意が必要です。

また、スプレーやマスカラタイプのものは髪につけて乾くと、髪が固まってごわつく場合もあります。

髪に触ったりすると色がつくこともあり、服や帽子などには付くかもしれないので注意しましょう。