髪を傷めない様に白髪染めをする

白髪染めというのは基本的に髪を傷めてしまいます。

白髪染めをするということは、自然に逆らうことであり、髪に優しいとされているものであっても、少なからず髪には負担をかけてしまいます。

しかし、白髪は染めたいと言う場合、どうすればいいかといえば、できるだけ髪に負担をかけずに白髪を染めることを考えましょう。

まず、きちんと白髪染めをしたいと言う場合、髪に負担をかけずにしっかり髪色をつける場合、美容院でのヘアカラーをお勧めします。

美容院でのヘアカラーはキューティクルを開き、髪の脱色、内側から染めることになりますが、プロが染めることによって、髪の負担を最小限に抑えることができます。

市販の白髪染めは素人でも染まりやすい様になっているので、その分、髪に負担をかける場合があります。

一度、きちんと白髪染めをすれば、後は少しでも色を保つことを考えていきましょう。

【参照ページ】潤い美髪を保つ秘訣!(URL:http://matome.naver.jp/odai/2137880163111555901

伸びてくる白髪はヘアカラーをするのではなく、ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントなどの髪に優しい白髪染めで補っていきます。

三ヶ月くらいは、その方法で髪色を保つことができるでしょう。

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントなどで、髪の色がきれいに行かない場合は、ヘアスプレーやヘアマスカラなどを重ねて使用するといいでしょう。

一時になりますが、ヘアカラーとヘアカラーの時間をあければあけるほど、髪には負担を掛けずに髪をきれいに保つことができます。